豊後大野

て・つ・た・び

四季の移り変わりを感じる幸せがここにはあります。

 
 
 
『第五章』
 
ぶんご大野を列車で旅をした気分になれる「て・つ・た・び」。
四季折々の様々な景色を、ローカル線と一緒に。
あなたのお気に入りの場所を教えてください。
 
 
   

 
青空に広がるような満開の桜と九州横断特急
 
緒方平野の桜並木と赤い列車
 
満開のアジサイが出迎える豊後清川駅
 
紅梅が春の気配を感じさせます。
 
あやめ咲く沿線と赤い列車
 
快晴の桜並木を普通列車が走る。
 
満開の桜と菜の花の共演が見られました。
 
まさに圧巻の桜の花に列車が小さく見えます。
 
夏の日差しを浴びたカンナと列車
 
イチョウの切り株から小さな「生命」が芽吹きました。
 
白梅と赤い列車の紅白共演
 
桜並木を駆けぬける普通列車
 
春爛漫の沿線風景。
 
無事カエル、今日も沿線で拝み続ける。
 
踏切も列車の音も馬耳東風。
 
夏空に赤い列車もカンナも一層映えます。
 
百日紅(サルスベリ)と九州横断特急
 
夕暮れの秋の田。彼岸花が列車を見送る。
 
山あいを駆け抜ける「ななつ星in九州」
 
大野川の流れに沿って走る「ななつ星in九州」
 
桜並木と「ななつ星in九州」
 
つつじ咲く線路端を「ななつ星in九州」が駆け抜ける
 
ホームに満開のつつじが咲き誇る。
 
鉄橋を渡る「ななつ星in九州」を川から撮影!
 
アサガオが咲く沿線、夏の日の1枚。
 
カンナが咲く緒方平野と山並みを望みながら、「ななつ星in九州」が駆け抜ける。
 
満開の菜の花と岩戸の鉄橋
 
トンネルを抜けて鉄橋のある風景は、豊肥本線の定番撮影ポイント。
 
菜の花と「ななつ星in九州」
 
沿線の田植えが終わりました。
 
石橋と鉄道、ともに先人たちの汗と涙の結晶。
 
のどかな山里に桜の季節がやってきた。
 
犬飼の町を望む満開の桜。